設立の背景

 令和4年度(2022年度)から始まる第4期中期目標・中期計画の策定に向けた議論のキックオフとして提示された「国立大学改革方針」において、国立大学の機能と役割のひとつに「地域の教育研究拠点として、各地域のポテンシャルを引き出し、地方創生に貢献する役割」が示され、国立大学が取り組むべき方向性のひとつに「地域の中核としての高度な知を提供」することが示されています。
 当部門ではこれらの役割、取り組みを果たすべく「オープンエデュケーションの推進を通じた教育機会の提供によるリカレント教育への貢献」を中心とした事業を展開します。
 山梨大学では、平成27年度(2015年度)より「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」が開設され、山梨大学、山梨県、地域ワインメーカーが連携して、地域ワインのブランド化及びグローバルスタンダード化を推進できるワイン・フロンティアリーダーを養成してきました。当部門ではこのような地方創生や地域経済の活性化に繋がる、社会人向けの教育プログラムの充実を目指します。

地域創生人材育成部門 リカレント教育

国立大学改革方針(PDF) »

ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム »

 

リカレント教育

地域創生人材育成部門では、その名の通り地域の創生と発展に貢献できる人材の育成を目的としており、その一環として県内の社会人向けに学び直しの機会を提供する、本学独自のリカレント教育のプログラムの開設・運営を行います。令和3年度(2021年度)には「プログラミング言語python入門講座」「データサイエンス基礎セミナー」「データサイエンス応用セミナー」を開催しました。本部門では、山梨県内の社会人や企業のニーズを満たすためのリカレント教育プログラムの開設を予定しています。

 また、令和2年度(2020年度)から文部科学省「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」に採用され、社会人女性を対象とした人材養成プログラム「未来の山梨を作るウーマンズコミュニティプログラム」と山梨県委託事業として結婚・出産・育児などで一度仕事を離れた女性を対象にした「女性のためのステップアッププログラム」の二つの女性リカレント教育の運営を行っています。

地域創生人材育成部門 リカレント教育

「未来の山梨を作るウーマンズコミュニティプログラム」の詳細はこちらから »

「女性のためのステップアッププログラム」の詳細はこちらから »

 

職業実践力育成プログラム(BP)

 職業実践力育成プログラム(BP)とは、社会人や企業などのニーズに応じた大学等における実践的・専門的なプログラムとして文部科学大臣が認定しているものです。
 山梨大学の生命環境学域では、「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」が平成27年度(2015年度)よりBPの認定を受け、山梨県内外のワイン技術者向けに高品質ワインの製造能力、国際競争力、経営能力等を総合的に身に付けるためのプログラムを実施しています。
 当部門では、山梨大学内のBPの運営支援を行っています。

山梨大学 ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムはこちらから »