山梨大学 地域人材養成センター

センター長挨拶

センター長挨拶

風間先生
山梨大学地域人材養成センター
センター長 風間 ふたば

山梨大学 地域人材養成センター(以下、当センター)は、本学の地域連携や地域人材養成に係る取組を強化するため、学内の関係機関を集約・体系化し、令和3年(2021年)2月に新たに設置された組織です。
 社会は常に変化しており、時代と共に大学が担うべき役割は変化しています。日本では今後の人口減少社会にどう向き合うかが大きな課題であり、地球規模課題を見据えたSDGsの推進やポストSDGs社会への取組も求められています。それらに対処するため、地方においては時代の変化や地域の実情を的確にとらえつつ、持続可能性を強く認識した地域産業の振興や地方創生において活躍できる人材の養成こそが必要不可欠で、その人材養成機関としての大学への期待が高まっていると感じます。
 本学では、これまでも「地(知)の拠点事業(COC)」や「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」といった地域志向教育や地域貢献事業などを展開し、大学に通う若者を対象とした教育を、地域内の大学と連携しながら進めてきました。また、女性を対象とした「女性のためのステップアッププログラム」や「 未来の 山梨を作るウーマンズコミュニティープログラム」などのリカレント教育も進めています。
 更に、本学は山梨県立大学と「一般社団法人 大学アライアンスやまなし」を設立し、教育関係事業をはじめ多様な連携事業を展開しています。令和3年(2021年)3月には本法人が全国初となる“大学等連携推進法人の認定”を受けたことから、教学上の特例措置を活用して教育環境の充実等を推進しています。
 これから大学は、従来教育の対象とした若者ばかりではなく、様々な背景を持ち年齢層も異なる多様な社会人も対象に、「学び」を提供できる場にならなければならないと考えています。当センターは、これまでの実績や経験を活かしつつ、学内外と強固に連携をとりながら「地域と大学を結ぶ窓」としての仕事を進めてまいります。大学だから作ることができる「学びにおけるダイバーシティ環境の実現」が、地域に暮らす人々の幸福感に寄与し、地域の活力を支えることができる大学となりたいと願っています。

 皆様方のご理解とご支援を頂きながら、事業を進めてまいります。今後の一層のご指導ご鞭撻をお願いいたします。